<対応策>
日本語ドメインの場合は、日本語ドメイン名だけでなく、punycodeにつきましてもサイト登録を行ってください。

※登録の際、punycodeの前に http:// または https:// をつけるのをお忘れにならないようご注意ください。

<解説>
日本語ドメインはpunycode(ピュ二コード)という、半角英数字等を用いたドメインを持っています。
例)
日本語ドメイン:日本語.com
Punycode:xxxx4c7c5976acvb2w6i.com


FONTPLUSは、サイト登録済みのURLと、ブラウザから届く閲覧ページのURLが前方一致していたときに、Webフォントが反映される仕様となっておりますが、閲覧ページのURLはブラウザによって日本語ドメイン名で届いたり、punycodeで届いたりするようです。
そのため、punycodeのサイト登録を行っていなければ、ご確認いただいたブラウザからpunycodeが届いた場合、登録済みのURLと一致しないため、Webフォントが反映されません。
したがいまして、日本語ドメイン名とpunycodeの両方を登録をお願いいたします。