一覧に戻る

秀英角ゴシック銀 L

この書体について

秀英体は、大日本印刷の前身である秀英舎の時代から、100年以上にわたり開発を続けている書体です。「秀英角ゴシック」は、ゴシック体としての視認性と本文用としての読みやすさを意識して開発した書体です。仮名のデザインの違いで「金」と「銀」の2種類があり、用途に応じて使い分けることができます。 従来からある秀英角ゴシックを受け継いだ「金」は、明るい表情でオーソドックスに幅広く使えます。また、秀英明朝の骨格を活かしたことでクラシックな印象の「銀」は、明朝と同じように長い文章にも適しています。太さはどちらもL・M・B の3種類です。

書体情報

読み方
しゅうえいかくごしっくぎん
フォントメーカー
  • 大日本印刷
ファウンダリー
大日本印刷
言語
  • 日本語
カテゴリ
  • ゴシック系
フォントスタイル
  • Normal

字形

  • A
  • B
  • C
  • D
  • a
  • b
  • c
  • d
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

使用事例