一覧に戻る

秀英明朝 L

この書体について

秀英体は、大日本印刷の前身である秀英舎の時代から、100年以上にわたり開発を続けている書体です。豊富なファミリーを持つ秀英体の中でも、とりわけ強い生命力を持つのが「秀英明朝」です。長年にわたって、書籍や雑誌のテキストを伝え続けてきました。一筆書きが印象的なこの書体は雄弁な表情を持ち、しっかりとした信頼感を読者に与えます。 近年のリニューアルでは、これまでの特徴を踏襲しながら、細部のデザインは活字時代の原字に立ち返り、書体本来の姿を探っていきました。横画の太さは他の明朝体に比べ太めに開発しており、細い線のちらつきが少なく、目に優しい黒みを保ちます。 太さはL・M・B の3 種類を備え、本文組や見出しとして組合わせることで、秀英体の表情による統一感と落ち着いた印象を伝えます。

書体情報

読み方
しゅうえいみんちょう
フォントメーカー
  • 大日本印刷
ファウンダリー
大日本印刷
言語
  • 日本語
カテゴリ
  • 明朝系
フォントスタイル
  • Normal

字形

  • A
  • B
  • C
  • D
  • a
  • b
  • c
  • d
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

使用事例