12/6(金)-12/7(土)に開催される『WordCamp Osaka 2019』セッションデイに、"フォントおじさん"こと弊社のWebフォントエバンジェリスト 関口浩之がスピーカーとして登壇いたします。
皆様のご来場をお待ちしております。

WordCamp Osaka 2019について

WordCamp Osaka 2019は、無料のオープンソース CMS の「WordPress(ワードプレス)」の普及と理解を深めることを目的とし、デザイナー、開発者、ディレクター、エンタープライズユーザーまで様々な層のユーザが集い学ぶ、地域コミュニティのためのWordCamp Foundationが認可した公式イベントです。

セッションについて

※関口浩之のセッションは12/7(土)11:45 から「セミナー室201」にて行います。

米国ではWebフォントは、2010年頃から使われ始め、数年で多くの企業が採用し、現在、米国のFortune500企業の95%以上で採用されています。一方、日本では、1万文字以上の文字が収録された日本語フォント環境の課題があり、日本語ウェブフォントは流行らないだろうと言われていました。

そんな中、FONTPLUSはいち早く2011年にサービスを開始しました。黎明期の数年間は、「遅い」「重い」「綺麗にレンダリングできない」「利用できるフォントが少ない」など、課題だらけでした。その後、配信プラットフォーム技術の改善、OSやブラウザのレンンダリング機能の改善などにより、それらの課題が2015年頃に解消されました。

そして、FONPLUSは数万サイトが利用するサービスとなりました。そんな中、2018年7月に3度目のリニューアルでサービスサイトを全面的に見直し、WordPressで生まれ変わりました。数万サイトが利用しているFONTPLUSサイトのプラットホームとして採用したWordPress、開発時の設計思想や苦労話を紹介します。

また、後半では、制作現場からよく耳にする「Webフォントを導入したら遅くなったけど改善方法ないですか?」「クライアントを説得する良い提案方法ないですか?」「何千ものフォントがあるけど書体はどれを選べばいいの?」などの疑問にもお答えします。Webフォントを学ぶと、クライアント提案力が大幅にアップします。

開催概要

イベント名 WordCamp Osaka 2019 セッションデイ
日時 コントリビュータデイ:2019年12月6日 (金) 10:00 – 17:00
セッションデイ:2019年12月7日 (土) 10:00 – 18:00
※WordCamp Osaka 2019は12/6から2日間開催されますが、FONTPLUSの参加は12/7セッションデイのみとなります。
会場 コントリビュータデイ:阪急アプローズタワー 13階貸会議室
セッションデイ:大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー 常翔ホール
参加料 コントリビュータデイ:無料
セッションデイ
1,000円(学生無料)
懇親会:3,000円
※参加には事前にご登録が必要です。詳細は公式サイトをご覧ください。
申込方法・詳細 WordCamp Osaka公式サイト
主催 WordCamp Osaka実行委員会
WordCampについて

WordCamp は、WordPress Foundationの公式な承認のもとに、世界中で開かれている WordPress のイベントです。